BabyOnBoard│赤ちゃん連れのための車情報サイト

子育て世代から絶大な支持!ママパパに人気の車7選!

子育て世代から絶大な支持!ママパパに人気の車7選!

子育て世代から絶大な支持!ママパパに人気の車7選!


子育て 車 人気


子育て世代の車選びの3つのポイント


車ってたくさん種類があって選ぶのも大変ですよね。とくに漠然としたイメージしかない場合はピッタリな一台を選ぶのはなかなか難しいものです。車は高価な買い物なので買った後に「あれにしていればよかった・・・」なんてことにならないように、子育て世代の車選びのポイントを3つのポイントに分けてご紹介します。


家族構成


家族構成は車選びの大切なポイントです。とくにこれから子供が増える予定があったりする場合は車選びにも大きく影響してきます。同じ4人家族であっても子供が赤ちゃんや幼児だとチャイルドシートも大きなものが必要になりますし、中学生であればその必要はありません。


車によってそれぞれ定員が異なるため少し余裕を持った選び方をすると、車内を広々と使うことができるのでおすすめです。


使い道


車をどのように使っていくのか考えることも大切です。2台目の車として使うのであれば軽自動車などでも問題はないですが、旅行やアウトドアに使うのであれば軽自動車はコンパクトなため不向きです。


逆に1台目で子育てにフル活用したいのであれば大きなミニバンやワゴンが広くて便利です。


車両価格


車を購入するにあたってあなたの予算にあった車を選ぶのは重要です。あまりにも高い車を選ぶと支払いだけでも大変ですし、ちょうどいい車を選ぶことで満足のいく車選びをすることができます。


コンパクトカーであれば100万円台からありますし、大きなミニバンでも200万円台から購入することができます。また、ちょっと手が届かないなと思っても中古車であれば良い車も多いため安く購入することもできます。欲しい車が少し高いなという時は中古車の中でも新古車を選んで探してみるといいでしょう。


子育てに使い勝手の良い車のポイント


どうせ車を購入するのであれば子育ての時に使い勝手の良いものを選びたいですよね。こちらではそんな子育ての時に使い勝手の良い車のポイントをご紹介します。


スライドドア


ただなんとなく開け閉めしている車のドアですが、子育てをするにあたって使い勝手の良いのはスライドドアです。スライドドアの一番のメリットは乗り降りのしやすさで、開口部が広いため赤ちゃんや子供を抱っこしたまま乗り込みやすくなっています。


また、ボタン一つでドアの開閉ができるものもあればちょっとした力で開けられるものもあるため子供でも開け閉めがしやすいのが特徴です。とくに赤ちゃんを抱っこして買い物袋を持っているような状況で重宝します。


ステップが低い


子育て世代にとって車の乗り降りの時にステップが低いと乗降をしやすいので人気集めています。特にファミリーカーと言われるミニバンやワゴンなどは乗り降りがしやすいように設計されているため特におすすめです。


ステップが低いと子供を抱いたままでも安全に車に乗り込むことができるのでストレスなく乗降することができます。


シートアレンジが豊富


車の広さも大切なポイントですが、シートアレンジの豊富さも重要です。車によっては最後列シートを気持ち程度しか倒せないものもありますし、一方でシートをフラットにして車中泊ができたり運転席にいながら後席の子供のケアができるシートアレンジができるものなど様々です。


子育てをするにあたってシートアレンジが豊富だとその分子供との距離が近くなったり旅行がもっと楽しくなったりと様々なメリットがあります。


子育てに使い勝手の悪い車のポイント


車といってもすべての車が子育ての時に使い勝手が良いわけではありません。ここでは子育てのための車選びで失敗しないために使い勝手の悪い車のポイントをご紹介します。


ヒンジドア


スライドドアと違い昔からあるガチャっと開くタイプのドアです。スタイリッシュなデザインのものも多く普通に使う分には構わないのですが、子育てとなると少し使い勝手が異なります。


赤ちゃんや子供を抱いたまま乗り込むときにどうしても開口部が狭くなるため乗り降りがしにくくなってしまいます。乗り降りだけでなく後席に荷物を積んだりチャイルドシートの乗せ降ろしもしにくくなってしまいます。


ステップが高い


車の乗り降りの際にステップが高いと少し使い勝手が悪くなってしまいます。とくに車高の高いSUVなどが車の特性上ステップが高いことが多く、子供が乗り降りしにくかったり荷物の乗せ降ろし時にも不便を感じることが多くなります。


車内が狭い


子育てにとって車内の狭さは致命的です。特に子供が二人以上いたりする場合チャイルドシートやベビーカーを積み込むとそれだけでぎゅうぎゅうになってしまうことがあります。あなたの家族構成に合わせて適度な広さがある車を選ぶのが車選びの一番のポイントです。


子育てに人気の車を7つ厳選!


ポイントを抑えたところでここからは子育て世代に人気の車を7つ厳選してご紹介します。


NBOX


子育て 車 人気

出典: http://www.honda.co.jp


軽自動車の中でも特に人気の高いのがホンダのNBOXです。軽自動車ながらスライドドアと広々とした車内空間で3人家族や4人家族に人気を集めています。


軽自動車とは言え車高も高いためコンパクトカーよりも車内が広いこともあり、軽自動車ならではの低燃費でお財布にも優しい一台です。


ソリオ


子育て 車 人気

出典: http://www.suzuki.co.jp/car/


コンパクトカーのなかでも特に人気を集めているのがスズキのソリオです。車高が高く車内を広々と使うことができるため他のコンパクトカーに比べゆとりのある空間でドライブを楽しむことができます。


また、スライドドアのため子供と一緒に乗り降りもしやすく子育てにも便利な車です。


シエンタ


子育て 車 人気

出典: https://toyota.jp/


コンパクトなミニバンで取り回しのしやすいシエンタは、3列目シートを2列目の座席下に格納することができるため、荷室を広々と使うことができます。子育ての必需品でもあるベビーカーを積み込んだり、おむつなどを買い込んだときにも車内で狭い思いをすることはありません。


見た目は人によって好き嫌いが分かれますが、スタイリッシュなデザインで多くのファミリーを魅了する一台です。


フリード


子育て 車 人気

出典: http://www.honda.co.jp


ホンダのコンパクトミニバンでもあるフリードは5人乗り・6人乗り・7人乗りのラインナップがあり、5人乗りは荷室と繋げて車内泊ができるスペースも作り出すことができます。


ホンダ独自のセンタータンクレイアウトにより広々とした空間が確保され、3列目シートも十分に実用性のある作りになっています。


ヴォクシー


子育て 車 人気

出典: https://toyota.jp/


ミニバンの中でも特にパパに人気の高いトヨタのヴォクシー。長年愛されてきたミニバンで、特にその見た目のインパクトからパパに人気を集めています。


車内はミニバンならではの広さで3列目に大人が座っても十分な広さがあります。座席をフラットな状態にすれば車内泊も楽しむことができるためアウトドアな家族にピッタリな一台です。


セレナ


子育て 車 人気

出典: http://www.nissan.co.jp/


日産のミニバンセレナはスマートマルチセンターシートの採用により幅広いシートアレンジが可能です。大人数で乗るときは8人乗りの車として利用でき、子供が車内を移動するときは1列目に配置することで2列目と3列目を自由に行き来できる空間が出来上がります。


また、手を使わずに足元でドアの開閉ができたりバックドアを上半分だけ開けることができたりと嬉しい機能も満載です。


ステップワゴン


子育て 車 人気

出典: http://www.honda.co.jp


ミニバンの中でも特に広い車内空間が確保されているホンダのステップワゴン。その車の特徴としてバックドアのわくわくゲートが挙げられます。バックドアを横向きにあけることができるため後部から3列目シートへアクセスすることができます。


特に人がたくさん乗っていたり2列目に荷物が置いているようなときなどバックドアを使って車に乗り降りすることができます。

車を買い替える時にちょっとでも得をするために!

車の買い替え時に今まで乗っていた愛車はどうするのか正解でしょうか?ディーラや販売店で下取りしてもらうものだと思っていませんか?
ディーラーや販売店で下取りしてもらうと、「ちょっとボロボロですが、無料で引き取りますよ!」「10万キロ以上の過走行ですが、数千円で引き取ります」なんて言われてることもあります。ここで「ラッキー」と考えるのはちょっと待ってください。
実は、あなたの愛車は数万円の価値か、それ以上になる場合も多いです!
損をしないために、まずは、買取業者で無料査定をしてみることをオススメします。
車の買取業者としては「廃車本舗」の買取がオススメです。
大事な愛車を引き取ってもらうわけですから、信頼できる業者がいいですよね。
廃車本舗の買取は以下の3つの点で信頼できると考えています。
  • 還付金が戻ってくる
  • 海外事業も行っているため、中間マージン削減
  • 車引き取り手数料無料
画像の説明文
名前に廃車とついていますが、中古車買取としての一面ももっているので必ず「スクラップ」になるわけではありません。
ディーラーでは0円になる車でも、買取業者の査定ではプラスになることがほとんどなので、30秒の手間を惜しまず無料査定をしてみましょう!
page top