BabyOnBoard│赤ちゃん連れのための車情報サイト

【トヨタ ヴォクシーの車中泊まとめ】子連れで遠出しやすい理由

【トヨタ ヴォクシーの車中泊まとめ】子連れで遠出しやすい理由

【トヨタ ヴォクシーの車中泊まとめ】子連れで遠出しやすい理由


トヨタ ヴォクシー 車中泊


子供や赤ちゃんとの遠出って何かと荷物も多くなって大変なこともありますよね。そんな子連れでのロングドライブに便利なトヨタ ヴォクシー。


ここではそんなトヨタの人気ミニバン 「ヴォクシー」の魅力と車中泊の際にあるといいアイテムなどをご紹介します。


トヨタ ヴォクシーはこんな車



トヨタ ヴォクシーといえばトヨタを代表する人気のミニバンの一つです。初代から多くのファミリー層に愛されてきたヴォクシーは、現在3代目となり根強い人気を誇っています。


特に2014年にフルモデルチェンジを行ってからは実用性だけでなくそのカッコよさからお父さんにも人気の車種となっています。その中でも煌シリーズは車体のカラーや前からの見た目がグッと引き締まり走るのが楽しみになるほどです。


ここからはそんなトヨタ ヴォクシーの子育て車としての魅力についてご紹介します。


子連れで遠出するのに必要なもの


トヨタ ヴォクシーで子育てロングドライブ


子供連れでの遠出をする場合、必要なものがたくさん出てきます。大人だけで外出する場合は必要最低限のもので済みますが、子連れだとおもちゃや替えの洋服・おむつなどさらに荷物が必要になってきます。


そんな遠出の時にあると便利なものが次のようなものです。


遠出にあると嬉しいアイテム

荷物ケース、ティッシュケース、ルーフネット、車中泊用マット、クッション、タオルケットなど


ついつい乱雑に置いてしまう荷物も、荷物ケースやルーフネットがあれば簡単に荷物を整理することができます。子供がお菓子や食事をするとそこら中にこぼしてしまうため、すぐに使えるティッシュケースがあると大変便利です。


また、ロングドライブの場合は長時間車の中に閉じ込められてしまうため高速のサービスエリアなどでゆっくりとくつろげるように車中泊用のマットもあるといいでしょう。


ヴォクシー 車中泊用マット


ヴォクシーで車中泊を楽しみたいのであれば、マットは必須のアイテムです。後席をフラットな状態にして横になると思いますが、どうしてもシートを倒しただけだとパーツがゴツゴツしていたり段差ができてしまいます。


そこでその パーツのゴツゴツや段差を解消してくれるのがキャンピングマットです。



ヴォクシーでの快適な車中泊を楽しみたいのであれば、キャンピングマットは一度確認しておくといいでしょう。


ヴォクシー 車中泊必須のカーテン


ヴォクシーでの車中泊にはカーテンも必須のアイテムです。カーテンをつけると周りの目を気にせずに休むことができますし、夏場には日差しを防ぐ効果も期待できます。



純正のカーテンもありますが、ネット通販で安くて高品質なカーテンも売っているので簡単に自分のヴォクシーに着けることができます。


トヨタ ヴォクシーが子連れに人気の理由


トヨタ ヴォクシー 車中泊


トヨタ ヴォクシーは次のような理由から子連れに人気を集めています。


・車内が広々
・座席がフラットにできる
・車中泊専用マットがある
・7人乗りと8人乗りが選べる


軽自動車やコンパクトカーにはないミニバンならではの広さがあり、3列目のシートでも十分に実用性があるため大人が乗ってもゆったりくつろぐことができます。
今は子供が一人でも将来子供ができる予定があったり、3世代で出かけることがあるというファミリーに人気を集めているのです。


座席は7人乗り・8人乗りの車種ともにフラットな状態にすることができるため、ヴォクシー専用のジョイントマットを敷くことで快適に車中泊を楽しむことができます。
車中泊をしたいと考えているのであれば車内用のカーテンをつけるのもおすすめです。オプションで後部座席の周りを覆うようにカーテンを取り付けることができるため、安心して車中泊や仮眠をとることができます。


トヨタ ヴォクシーで子供と楽しいロングドライブへ


トヨタ ヴォクシーの子連れに人気の理由をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
ミニバンならではの車内空間の広さと使い勝手の良さから、子連れでロングドライブや車中泊を楽しみたいという家庭にはピッタリの車種です。


軽自動車やコンパクトカーに乗っていたのであればその使い勝手の良さにきっと驚くことでしょう。
運転席の視線も高くフロントガラスも広々としているため想像以上に運転もしやすいですよ。気になるのであれば是非一度試乗してみることをお勧めします。


トヨタ ヴォクシー

トヨタ ヴォクシー 車中泊

価格

2,284,691円〜

燃費

14.0km/L〜

両側スライドドア



車を買い替える時にちょっとでも得をするために!

車の買い替え時に今まで乗っていた愛車はどうするのか正解でしょうか?ディーラや販売店で下取りしてもらうものだと思っていませんか?
ディーラーや販売店で下取りしてもらうと、「ちょっとボロボロですが、無料で引き取りますよ!」「10万キロ以上の過走行ですが、数千円で引き取ります」なんて言われてることもあります。ここで「ラッキー」と考えるのはちょっと待ってください。
実は、あなたの愛車は数万円の価値か、それ以上になる場合も多いです!
損をしないために、まずは、買取業者で無料査定をしてみることをオススメします。
車の買取業者としては「廃車本舗」の買取がオススメです。
大事な愛車を引き取ってもらうわけですから、信頼できる業者がいいですよね。
廃車本舗の買取は以下の3つの点で信頼できると考えています。
  • 還付金が戻ってくる
  • 海外事業も行っているため、中間マージン削減
  • 車引き取り手数料無料
画像の説明文
名前に廃車とついていますが、中古車買取としての一面ももっているので必ず「スクラップ」になるわけではありません。
ディーラーでは0円になる車でも、買取業者の査定ではプラスになることがほとんどなので、30秒の手間を惜しまず無料査定をしてみましょう!
page top