BabyOnBoard│赤ちゃん連れのための車情報サイト

下取りはもったいない?軽自動車売却で得するための【まとめ】

下取りはもったいない?軽自動車売却で得するための【まとめ】
  2018年06月30日
  車下取りで得する方法

下取りはもったいない?軽自動車売却で得するための【まとめ】


軽自動車 売却


走行距離を多く走っているものや型式が古い軽自動車だと、どうしても下取り価格も低いからといってディーラー任せの下取りを行いがちです。

しかしめんどくさいからといって下取りに簡単に出してしまうと、場合によっては数十万円もの損をしてしまうかもしれません!こちらではそんな軽自動車の売却で得をするためのポイントをご紹介します!

ディーラーの下取りで損をしてしまう理由とは?


軽自動車 下取り 売却


よくディーラーでの下取りは損してしまうといいますが、一体どんな理由で損をしてしまうのでしょうか。 ディーラーの下取りで損をしてしまう人の特徴 を3つまとめてみました。

・交渉をしない
・比較をしない
・めんどくさがり

この3つに当てはまる場合はディーラーでの下取りで大幅に損をしてしまう可能性があります!軽自動車とは言え車の売却となるとそれなりの金額になるので、ここで損をすると知らない間に結構な金額を失うことになるのです。

何事においても交渉は大切なことですが、ディーラーでの軽自動車の下取り時も同様です。交渉をしない限り下取り価格が上がる可能性は0ですし、下取り価格を比較しない人も損をする可能性があります。

手間なく手持ちの軽自動車を売却できるというメリットはありますが、めんどくさがってしまう人はなかなか高値で車を売却することは難しいでしょう。

軽自動車を高く売却するための【まとめ】


軽自動車 下取り 売却


軽自動車の売却時に得をするために一番大切なことは、めんどくさがらないことです。つい面倒だと思って手っ取り早くディーラーで下取りをお願いするとそれだけで知らない間に損をしてしまいます。

確かに簡単に自分の持っていた軽自動車を売却することはできますが、車の売却時にはたとえ軽自動車であっても場合によっては数十万円も損をしてしまうこともあるのです。

そんな軽自動車の売却時に損をしないためには、 めんどくさがらず査定を比較 する必要があります。

ディーラーだけで車の査定をしてもらっても、正直本当に自分の愛車がその価格が妥当なのか判断することはできませんよね。複数の査定をしてもらうことで初めて今の自分の愛車の本当の価値を知ることができるのです。

たとえ走行距離が多くて型式の古い車であっても、ディーラーでは数万円でもほかの業者だと数十万円になったということも多くあります。

複数の業者に自ら電話をして査定をお願いするのは面倒ですが、一括査定であれば簡単に査定を申し込むことができて、 簡単に査定価格を比較することができる のでディーラーでの交渉にも役立ちます。

車を買い替える時にちょっとでも得をするために!

車の買い替え時に今まで乗っていた愛車はどうするのか正解でしょうか?ディーラや販売店で下取りしてもらうものだと思っていませんか?
ディーラーや販売店で下取りしてもらうと、「ちょっとボロボロですが、無料で引き取りますよ!」「10万キロ以上の過走行ですが、数千円で引き取ります」なんて言われてることもあります。ここで「ラッキー」と考えるのはちょっと待ってください。
実は、あなたの愛車は数万円の価値か、それ以上になる場合も多いです!
損をしないために、まずは、買取業者で無料査定をしてみることをオススメします。
車の買取業者としては「廃車本舗」の買取がオススメです。
大事な愛車を引き取ってもらうわけですから、信頼できる業者がいいですよね。
廃車本舗の買取は以下の3つの点で信頼できると考えています。
  • 還付金が戻ってくる
  • 海外事業も行っているため、中間マージン削減
  • 車引き取り手数料無料
画像の説明文
名前に廃車とついていますが、中古車買取としての一面ももっているので必ず「スクラップ」になるわけではありません。
ディーラーでは0円になる車でも、買取業者の査定ではプラスになることがほとんどなので、30秒の手間を惜しまず無料査定をしてみましょう!
page top