BabyOnBoard│赤ちゃん連れのための車情報サイト

子育てには不向き?!赤ちゃんと乗りやすい軽自動車3選!

子育てには不向き?!赤ちゃんと乗りやすい軽自動車3選!

子育てには不向き?!赤ちゃんと乗りやすい軽自動車3選!


子育て軽自動車赤ちゃん


一昔前までは「軽は小さい」というイメージで子育てには不向きでしたが、いまでは「これが軽?!」なんて驚いてしまうほどの広さのものもあるので赤ちゃんが産まれて新しい一台を考えている家族にとっても選択肢の一つです。


ここではそんな赤ちゃんが産まれて 子育てのしやすい軽自動車をお探しのあなたに選ぶ時の3つのポイントと人気の3車種をご紹介します。


子育てにピッタリな軽自動車を選ぶ時の【3つのポイント】


軽自動車とはいっても販売されている車種の数は数重にも及びます。その中から色々な機能を見て子育てに使いやすい1台を探すのってなかなか手間がかかりますよね。


なのでここではそんな軽自動車の中から子育てにピッタリの一台を探すためのポイントを3つに絞ってご紹介します。


車内の広さ


子育てのしやすさは車内の広さに比例するといっても言い過ぎではないほど 室内空間の広さは重要なポイントです。赤ちゃんが産まれると今まで大人二人で快適だった空間でも、チャイルドシートやベビーカーなどを乗せたりすることでかなりのスペースがとられてしまいます。とくにまだ赤ちゃんが小さい時にはチャイルドシートの隣にママが乗ることも多いので、大人が座れるスペースも確保できるくらいの広さは欲しいところです。


特に離乳食を食べだした頃の赤ちゃんを連れてドライブや旅行に行く際には車内で食事をとることもありますが、車内が狭いとそれだけでも一苦労です。離乳食などの食事をとる際にはシートバックテーブルなどの装備があると大変便利です。


パワースライドドア


最近は軽自動車にも装備しているものが多いのがパワースライドドアです。通常のスライドドアでもいいのですが、できれば ワンタッチで自動開閉できるパワースライドドアが欲しいところです。赤ちゃんを抱っこして荷物を持つとドアの開け閉めも一苦労ですが、パワースライドドアならスイッチを押すだけでドアの開閉ができるのではるかに子育てが楽になります。


更に雨が降っているときなどは雨に濡れながら扉の開閉をせずとも遠くからワイヤレスキーのスイッチでドアを開けておけば素早く乗り込むことができます。また電動スライドドアの場合はハッチバックのドアに比べて開口部が広いため乗り降りもしやすいのは嬉しいポイントです。


燃費


できれば見ておきたいポイントが3つ目のポイントの燃費です。最近の軽自動車はどれも 低燃費なので子育てで出費の多い時期には嬉しいポイントですよね。何か迷っている車がある場合、最後に2台のどちらにしようか迷っているという時の決め手として使ってもいいでしょう。


軽自動車といっても様々な車がありますが、中にはリッター30km以上の低燃費の車種もあるので月々の出費を少しでも抑えたいという家庭にもおすすめです。


子育てにピッタリな人気の軽自動車3選!


さて、それでは先ほどご紹介した子育てにピッタリな軽自動車を選ぶ時の3つのポイントを抑えたうえで、厳選した軽自動車3車種をご紹介していきたいと思います。


どれも子育てにピッタリの一台なので、デザインや機能性など自分の好みに合ったものを見てみるといいでしょう。


Nボックス(ホンダ)

ホンダ NBOX

※引用:ホンダ公式ウェブサイト


ホンダでも人気車種のNボックスは十分な車内空間が確保され後席も大人がゆったりと座れるほど広いスペースが確保されています。パワースライドドアもつけることができるのはうれしいポイントですよね。


そしてNボックスの子育てに嬉しいポイントの一つが、軽自動車では珍しい後席の跳ね上げ機構です。後席をバックドア側に跳ね上げることができるので、後席に1席分の広々としたスペースを確保することができるのです。


子育て軽自動車赤ちゃん

※引用:ホンダ公式ウェブサイト


赤ちゃんと二人でベビーカーで買い物に行った時にベビーカーの下に荷物をたくさん詰め込んでいて車に乗り込む際にいちいち降ろさなきゃいけませんが、1席跳ね上げておけばそのスペースにそのままベビーカーを乗せることもできちゃいます。


N-BOX(ホンダ)の概要


子育て軽自動車赤ちゃん


価格 燃費 室内空間(長さ×幅×高さ)※単位:mm
1,198,000円〜 20.8〜25.6km/L 2,180×1,350×1,400



スペーシア(スズキ)

スズキ スペーシア

※引用:スズキ公式ウェブサイト


広々とした車内空間が想像できるネーミングのスズキのスペーシア。その名前の通り室内長2,215cm×室内高1,375cmの広々空間が確保されています。


後席はパワースライドドアもつけることができ、座席もスライドすることができるため大人が座るときは後ろにずらす。荷室を広く使いたいときは前にずらすといったシチュエーションに合わせた使い方をすることができます。また安全性能も良いのも子育てに使う一台としてはポイントが高いですね。


子育て軽自動車赤ちゃん

※引用:スズキ公式ウェブサイト


また、スペーシアの子育てに嬉しいポイントとして座席の撥水加工があります。子供も大きくなってくると食べ物を食べたり飲み物を飲んだり、またおむつ替えの時に粗相をしてしまった時も座席を汚す心配がありません。


スペーシア(スズキ)の概要


子育て軽自動車赤ちゃん


価格 燃費 室内空間(長さ×幅×高さ)※単位:mm
1,274,000円〜 25.6〜32km/L 2,215×1,320×1,375


ムーヴキャンバス(ダイハツ)

ダイハツ ムーブキャンバス

※引用:ダイハツ公式ウェブサイト


他の軽とは一線を画したおしゃれなデザインのダイハツムーブキャンバス。車内空間も大人でもゆったりくつろげる広々とした空間が確保されていて、収納も多いのが特徴です。


後席は両側パワースライドドアも装備することができ、後席もスライドさせることで荷室は270mmもの広さを確保することができます。大きな荷物を詰め込みたいときでも安心ですね。


子育て軽自動車赤ちゃん

※引用:ダイハツ公式ウェブサイト


また、買い物した荷物を床に置きたくないという場合に便利なのが「置きラクボックス」です。ケースモードとバスケットモードで使い分けることもでき、ショッピングの荷物を直接床に置くことなくきれいな状態で車に乗せることができます。


ムーブキャンバス(ダイハツ)の概要


子育て軽自動車赤ちゃん


価格 燃費 室内空間(長さ×幅×高さ)※単位:mm
1,252,800円〜 27.4〜28.6km/L 2,115×1,345×1,285


まとめ

子育てにピッタリな軽自動車についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。


赤ちゃんが産まれることでこれまでとは違った生活になり不安や期待もたくさん出てくると思いますが、子育てのしやすい車を選ぶことができれば余計な手間や苦労を感じることもないので車選びは失敗しないようにしましょうね。

車を買い替える時にちょっとでも得をするために!

車の買い替え時に今まで乗っていた愛車はどうするのか正解でしょうか?ディーラや販売店で下取りしてもらうものだと思っていませんか?
ディーラーや販売店で下取りしてもらうと、「ちょっとボロボロですが、無料で引き取りますよ!」「10万キロ以上の過走行ですが、数千円で引き取ります」なんて言われてることもあります。ここで「ラッキー」と考えるのはちょっと待ってください。
実は、あなたの愛車は数万円の価値か、それ以上になる場合も多いです!
損をしないために、まずは、買取業者で無料査定をしてみることをオススメします。
車の買取業者としては「廃車本舗」の買取がオススメです。
大事な愛車を引き取ってもらうわけですから、信頼できる業者がいいですよね。
廃車本舗の買取は以下の3つの点で信頼できると考えています。
  • 還付金が戻ってくる
  • 海外事業も行っているため、中間マージン削減
  • 車引き取り手数料無料
画像の説明文
名前に廃車とついていますが、中古車買取としての一面ももっているので必ず「スクラップ」になるわけではありません。
ディーラーでは0円になる車でも、買取業者の査定ではプラスになることがほとんどなので、30秒の手間を惜しまず無料査定をしてみましょう!
page top