BabyOnBoard│赤ちゃん連れのための車情報サイト

絶対必要!赤ちゃん連れに便利な軽自動車のパワースライドドア

絶対必要!赤ちゃん連れに便利な軽自動車のパワースライドドア

絶対必要!赤ちゃん連れに便利な軽自動車のパワースライドドア


軽自動車のパワースライドドア


赤ちゃんとのドライブに軽自動車を選択しようとしている人にとって、パワースライドドアも悩むポイントですよね。
そもそもパワースライドドアは必要なのか?どんなメリットやデメリットがあるのか?そんな気になる疑問を解決します。


パワースライドドアとは?


パワースライドドアは電動の開閉機能の付いたスライドドアで、キーを操作することでドアを開閉することができるものや運転席のスイッチで開閉することができるものがあります。
パワースライドドアが装備されているものには開閉時の事故を防ぐために挟み込み防止機能がついているものがほとんどです。


キーレスエントリー(鍵を差し込む必要がなくボタン一つで施錠を操作することができる機能)がついているため鍵を取り出す必要がないのも嬉しいポイントです。


パワースライドドアのメリット


・片手で開閉ができる
・挟み込み防止機能がついている
・開口が広くて出入りがしやすい
・スイッチ一つでドアの開閉ができる


パワースライドドアのデメリット


・ドアが開くまで少し時間がかかる
・駆動音がする
・出入り口が広いため外の空気が入りやすい
・バタンという音がしない


パワースライドドアがある軽自動車


トヨタ ピクシスメガ
日産 NV100クリッパーネオ
日産 デイズルークス
ホンダ NBOX
ホンダ バモス
三菱 eKスペース
三菱 タウンボックス
マツダ スクラムワゴン
スバル シフォン
スバル ディアスワゴン
スズキ スペーシア
スズキ エブリィワゴン
ダイハツ アトレーワゴン
ダイハツ ムーブキャンバス
ダイハツ ウェイク
ダイハツ タント


パワースライドドア付き軽自動車の価格


パワースライドドア付き軽自動車の価格: 110万円台〜


軽自動車は安いものだと70万円台からありますが、スライドドア付きの軽自動車となると50万円ほど車体価格が上がります。
その分、室内が広くなっていたり利便性も向上するので値段以上の価値があります。


パワースライドドア付き軽自動車のおすすめ


パワースライドドア付きの軽自動車はいくつかありますが、その中でもファミリーに人気が高く赤ちゃん連れに便利な室内空間が広いスーパーハイトワゴンの車種をご紹介します。


ホンダ NBOX



ホンダ NBOXはほとんどのグレードにバックモニターがついていたり、衝突軽減ブレーキもオプションで付けることができるため運転が苦手な人にも乗りやすい車です。


車内も広いためチャイルドシートを乗せたりベビーカーを乗せても通常の軽自動車よりも広く車内を使うことができます。


スズキ スペーシア



Sエネチャージで驚異的な燃費を実現したスズキ スペーシア。
軽自動車での長距離ドライブは疲れやすいものですが、ターボ車があるため高速走行など長距離のドライブでも疲れにくい車です。


ダイハツ タント



ダイハツ タントの魅力は何といってもミラクルオープンドアです。
助手席側のドアを両方開けることで間仕切りのない空間を作ることができるため大きな荷物の出し入れや子供の出入りに大変便利です。


赤ちゃん連れなら便利なパワースライドドア


赤ちゃん連れのために便利なパワースライドドアのメリット・デメリット、オススメ車種をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。


パワースライドドアがあることで子育てもしやすくなりますし、ついている車とついていない車でも価格はそこまで大きな開きはありません。
分割で購入すれば月々の負担も少ないのでぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

車を買い替える時にちょっとでも得をするために!

車の買い替え時に今まで乗っていた愛車はどうするのか正解でしょうか?ディーラや販売店で下取りしてもらうものだと思っていませんか?
ディーラーや販売店で下取りしてもらうと、「ちょっとボロボロですが、無料で引き取りますよ!」「10万キロ以上の過走行ですが、数千円で引き取ります」なんて言われてることもあります。ここで「ラッキー」と考えるのはちょっと待ってください。
実は、あなたの愛車は数万円の価値か、それ以上になる場合も多いです!
損をしないために、まずは、買取業者で無料査定をしてみることをオススメします。
車の買取業者としては「廃車本舗」の買取がオススメです。
大事な愛車を引き取ってもらうわけですから、信頼できる業者がいいですよね。
廃車本舗の買取は以下の3つの点で信頼できると考えています。
  • 還付金が戻ってくる
  • 海外事業も行っているため、中間マージン削減
  • 車引き取り手数料無料
画像の説明文
名前に廃車とついていますが、中古車買取としての一面ももっているので必ず「スクラップ」になるわけではありません。
ディーラーでは0円になる車でも、買取業者の査定ではプラスになることがほとんどなので、30秒の手間を惜しまず無料査定をしてみましょう!
page top