BabyOnBoard│赤ちゃん連れのための車情報サイト

ファミリーカーの安全性を比較!安心感抜群の車はコレ!

ファミリーカーの安全性を比較!安心感抜群の車はコレ!

ファミリーカーの安全性を比較!安心感抜群の車はコレ!


ファミリーカー 安全性 比較


ファミリーカーの安全性はココで決まる


車の安全性と聞いて一番に思い浮かぶものは何でしょうか?


イメージしやすいものといえばエアバッグや自動ブレーキですが、これ以外にも車の安全性にかかわるものはたくさんあります。こちらではそんな車の安全性についてご紹介していきます。


予防安全性能


予防安全性能とは危険を察知した時に車が自動で回避する行動をとったり、運転者のサポートをしてくれる機能のことを言います。予防安全性能は国土交通省と(独)自動車事故対策機構が検査も行っており、それぞれの車の安全性能について評価もされています。


有名なところでいえば前方を走る車に衝突しそうなときに自動ブレーキが作動したり、車線を逸脱しそうなときにアラート音やハンドルのサポートをしてくれるといった機能です。


例えば右左折時に歩行者が見えなくてヒヤッとした経験はありませんか?車によっては対車両だけでなく対人の自動ブレーキを備えているものもあるため、事故の加害者となってしまうことを予防してくれる装備もあるのです。


エアバッグ等の装備


エアバッグは衝突時の衝撃を吸収してくれる命を守るためには欠かせない装備です。運転席や助手席のエアバッグは必須ですが、子供や赤ちゃんを後席に乗せる機会の多いファミリーカーの場合は、後部座席のエアバッグもあると安心です。


後部座席の場合はカーテンシールドエアバッグといった、横からの衝撃を吸収してくれるものです。最近は信号無視の車に横から衝突されたといった痛ましい事故も多いため、もしもの時の安全性の確保も大切なポイントです。


ボディの形状


車のボディの形状も安全性を決めるための重要なポイントの一つです。ボディの素材も暗線性を左右する要素ですが、一番分かりやすいのはクラッシャブルゾーンやクランプルゾーンと呼ばれる、衝突時の衝撃を吸収してくれる車体前後の構造です。


車の衝突時に潰れることで衝撃を吸収し被害を軽減する効果があります。また、フロント構造でいうと歩行者と衝突した際に頭部への衝撃を減らす素材などが採用されていたりと、ボディの形状も安全性に貢献していることが分かります。


各社の安全性能を徹底比較


自動ブレーキやエアバッグなど車の安全性についてご紹介してきましたが、ここからは実際にそれぞれのメーカーがどんな安全性能を持っているのか詳しく見ていきましょう。


トヨタ


自動ブレーキ 車線はみだしアラート カーテンエアバッグ


トヨタの予防安全パッケージはToyota Safety Sentseと呼ばれるものです。


自動ブレーキを始め車線はみだしアラートや自動ハイビーム、追従ドライブ支援などを行ってくれる先進の安全性能とドライブ支援機能が盛り込まれています。


ついついうっかりやってしまいがちなアクセルとブレーキの踏み間違いも自動でブレーキをかけてくれるため事故も未然に防ぐことができます。


日産


自動ブレーキ 車線はみだしアラート カーテンエアバッグ


日産にはインテリジェントエマージェンシーブレーキを始め、運転を支援するプロパイロットなどの先進機能があります。


特に最近では自動ブレーキだけでなく高速走行時のドライブサポートなども充実しており、家族で旅行や帰省の際に高速道路を運転するという場合に大活躍します。


また、簡単な操作で車庫入れや縦列駐車など幅広いシチュエーションで利用ができる駐車支援システムもあるなど、運転支援にも力を入れています。


ホンダ


自動ブレーキ 車線はみだしアラート カーテンエアバッグ


ホンダにはHonda SENSINGと呼ばれる先進の安全機能があります。


車や歩行者との衝突回避を支援する衝突軽減ブレーキを始め、前走車との車間距離を保つアダクティブクルーズコントロールなど備えています。


信号待ちで先行車が進んだときには自動で知らせてくれるなど、ドライバーをサポートしてくれる機能も盛りだくさんです。


三菱


自動ブレーキ 車線はみだしアラート カーテンエアバッグ


三菱にはe-Assistと呼ばれる安全機能があります。


衝突被害軽減ブレーキシステムは歩行者も感知するほか、前進後退時の誤発進を抑制する機能なども備わっています。


マツダ


自動ブレーキ 車線はみだしアラート カーテンエアバッグ


マツダはi-ACTIVSENSEと呼ばれる先進安全技術を採用しています。


前方を走る車への衝突を軽減する自動ブレーキはもちろんのこと、車線逸脱防止や誤発進を抑制する機能なども盛り込まれています。


中でも特に目を引くのが車線変更時に後方から近づく車を感知するブラインド・スポット・モニタリングと駐車場などからバックで出る際に接近してくる車を感知して知らせるリア・クロス・トラフィック・アラートなど、痒い所に手が届く機能が備わっています。


スバル


自動ブレーキ 車線はみだしアラート カーテンエアバッグ


スバルにはアイサイトと呼ばれる運転支援システムがあります。


フロント部分に備え付けられたステレオカメラによって車や人を認識し、自動ブレーキで人や車との衝突を避けるプリクラッシュブレーキや誤発信を抑制する機能を作動させます。


また、高速走行時などにドライバーを支援してくれる全車速追従機能付クルーズコントロールは、0km/h〜120km/hまでの幅広い車速に対応しています。


スズキ


自動ブレーキ 車線はみだしアラート カーテンエアバッグ


スズキは単眼カメラとレーザーレーダーのいいとこどりで危険を回避するデュアルセンサーブレーキサポートを採用しています。


前方を走る車に衝突する危険がある場合は警報音で知らせ、その後ブレーキアシストや自動ブレーキが作動します。


また、車線逸脱時やふらつき時には警報音で注意を促す機能も備わっています。


ダイハツ


自動ブレーキ 車線はみだしアラート カーテンエアバッグ


ダイハツにはスマートアシストⅡと呼ばれる安全機能があります。


車との衝突を回避するブレーキ支援機能や対車両・対歩行者に有効な衝突警報機能などが備わっています。


また、前後方への誤発信抑制制御機能なども備わりもしもの時にも安心な機能が備わっています。


ファミリーカーの安全性 【まとめ】


ファミリーカーの安全性能や各メーカーの機能についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。


車の安全性能は国土交通省と独立行政法人が評価を行っていますが、中でもファミリーカーとして人気のミニバンは各社とも評価が高く高評価を得ています。


近年では自動ブレーキだけでなく運転中のドライバーをサポートする機能も充実してきているので、両方を天秤にかけて自分たちの好みの一台を探してみてはいかがでしょうか。



車を買い替える時にちょっとでも得をするために!

車の買い替え時に今まで乗っていた愛車はどうするのか正解でしょうか?ディーラや販売店で下取りしてもらうものだと思っていませんか?
ディーラーや販売店で下取りしてもらうと、「ちょっとボロボロですが、無料で引き取りますよ!」「10万キロ以上の過走行ですが、数千円で引き取ります」なんて言われてることもあります。ここで「ラッキー」と考えるのはちょっと待ってください。
実は、あなたの愛車は数万円の価値か、それ以上になる場合も多いです!
損をしないために、まずは、買取業者で無料査定をしてみることをオススメします。
車の買取業者としては「廃車本舗」の買取がオススメです。
大事な愛車を引き取ってもらうわけですから、信頼できる業者がいいですよね。
廃車本舗の買取は以下の3つの点で信頼できると考えています。
  • 還付金が戻ってくる
  • 海外事業も行っているため、中間マージン削減
  • 車引き取り手数料無料
画像の説明文
名前に廃車とついていますが、中古車買取としての一面ももっているので必ず「スクラップ」になるわけではありません。
ディーラーでは0円になる車でも、買取業者の査定ではプラスになることがほとんどなので、30秒の手間を惜しまず無料査定をしてみましょう!
page top