BabyOnBoard│赤ちゃん連れのための車情報サイト

これぞ王道!ファミリーカーのおすすめの選び方!

これぞ王道!ファミリーカーのおすすめの選び方!

これぞ王道!ファミリーカーのおすすめの選び方!


ファミリーカー おすすめ 選び方


結婚して家族が増え、もうじき子どもが産まれる。あー幸せな時間がもうすぐやってくる・・・。


と、その前に今あなたが乗っているお車ってなんですか?車体価格も税金も安く燃費のいい軽自動車。軽だとちょっと力不足だからもう少し上のコンパクトカー。やっぱかっこいいセダンでしょ!


ええどれもすばらしいお車です。ですが家族が増えるこの機会に、 ファミリーカーの定番ともいえる【ミニバン】を検討してみてはどうでしょう。


ファミリーカーってそもそも何?

ファミリーカー おすすめ


そもそもファミリーカーとはいったいどういうものかご存知でしょうか。じつはファミリーカーには特段これといった決まりがあるわけではなく、家族の為に乗る車であればどれもファミリーカーになり得るのです。


大人2人に小学生の子ども2人であれば軽自動車であってもなんら支障はありません。でも、なんとなく窮屈なイメージがありませんか?


例えば、休日にちょっと足を伸ばして温泉にという時に、狭い空間で長い時間移動するというのはなかなか苦しいものです。せっかく疲れを癒しに行ったのに、これじゃ本末転倒・・・。


じゃあキャンプなんてどう?となると、後部座席も人で埋まってしまっていればトランクに物を積めるしかない。軽自動車のトランクでは心許ないですよね・・・。


それに軽自動車クラスのエンジンでは、人が4人乗ってその上荷物まで載せていればパワー不足を感じてしまいます。峠を越えるとなると、その間ずっとエンジンのうなり声だけが車内に響くことになるでしょう。


ここで選び方のポイントが二つ、広い空間と静かで余裕のある走り。これらを実現できるおすすめの車が”ミニバン”というわけです。


ファミリーカーの代名詞といって過言ではないですし、とにかくその居住性について他に秀でるものはありません。そのゆとりある空間が何をするにしてもアシストしてくれます。チャイルドシートだって2つ3つは余裕です。


またミニバンはそのほとんどの後席が”スライドドア”なので、例えば子どもが開けたとたん風でドアが押し出されたり、他の車にぶつけてしまうということもなくなります。メーカーやディーラーのオプションにはなりますが、後席モニアーをつければ子どもたちも喜ぶこと間違いありません。


低音を大きくするウーハーをつければたちまち映画館です。これはおすすめですね。おじいちゃんおばあちゃんも孫に会いたいですよね。そんな時わざわざ別々の車でなくとも、ミニバンであれば大概7・8人まで乗れます。


ファミリーカー選びの大切な3つのポイント!


それではここからは実際にファミリーカーを選ぶ時に大切なポイントについて見ていきましょう。一般的にファミリーカーと呼ばれているものであっても、車種によってその使い勝手は大幅に変わってきます。ここではそんな ファミリーカーを選ぶ時のポイントを3つに分けてご紹介します。


室内の広さ


ファミリーカー オススメ 広さ

出典: http://www.honda.co.jp/FREED/


ファミリーカーを選ぶにあたって一番のポイントとなるのが室内の広さです。特に赤ちゃんが産まれる機会に車の買い替えを考えているのであれば、室内の広さは大切なポイントです。


赤ちゃんが育って外出ができるようになってくるとチャイルドシートを装着したり、ベビーカーも積み込むようになってきます。そんな時に室内が狭いセダンや軽自動車だと窮屈なドライブになってしまいます。快適なドライブや旅行を楽しみたいのであれば、適度な室内空間が確保された車を選ぶのがおすすめです。


シートアレンジ


ファミリーカー オススメ シートアレンジ

出典: http://toyota.jp/voxy/


室内の広さ以外にもシートアレンジにも注目して車を見てみるのも良いでしょう。シートアレンジの豊富さも子育て世代にとっては車選びの重要なポイントです。同じ軽自動車であっても2列目がスライドできるかできないかで使い勝手が変わってきますし、ミニバンでもフラットにできるかできないかで車中泊の快適性にもかかわってきます。


特に赤ちゃんのいる家庭にとっては後席で広いスペースを作れるかは大切なポイントです。特にロングドライブの際には長い間チャイルドシートに拘束されてしまうため、サービスエリアやパーキングエリアなどで停まっているときに遊べるスペースがあると便利です。とくにミニバンは後席がフラットにできる場合が多く、ちょっとした遊び場としてる買うことができるので小さなお子様がいる家庭にピッタリです。


快適性


ファミリーカーといえば広さばかりに目が行きがちですが、運転のしやすさや室内の快適性などもファミリーカー選びの大切なポイントです。子供がいる家庭にとって車は旅行やアウトドアに欠かせないものです。そのためロングドライブでも疲れにくい快適な車を選ぶことで、旅行を思う存分楽しむことができるのです。


また、ハイブリッド車を選ぶことにより燃費も向上しますし、車内の静寂性も上がるためロングドライブも快適に楽しむことができます。快適性もファミリーカー選びの一つのポイントにしてみるといいでしょう。


ファミリーカーにおすすめの車種


ファミリーカーとしてよく選ばれている車種は次の3つです。


 ・ ミニバン ⇒  車種一覧を見る
 ・ コンパクトカー ⇒  車種一覧を見る
 ・ SUV ⇒  車種一覧を見る


ミニバンはその車内空間の広さから、荷物の多くなる子連れの家族にとって使い勝手がよく家族連れに特に人気の車種です。


また、コンパクトカーはちょうど良いサイズで3人家族や4人家族であれば旅行やアウトドアでも十分なスペースを確保することができますし、燃費もよく経済的です。


SUVは撥水シートを装備している車も多く車内でご飯を食べる機会が多い赤ちゃんや小さな子供がいる家庭にはお勧めの車種です。


家族連れにおすすめのファミリーカー3選


ファミリーカーの選び方やおすすめ車種についてご紹介してきましたが、ここからは実際に車種別におすすめのファミリーカーを3つご紹介します。


ヴォクシー


トヨタ ヴォクシー ファミリーカー


ミニバンの中でも人気の高いトヨタのヴォクシーは、7人乗りと8人乗りを選ぶことができます。大人数での旅行やドライブでも安心して使うことができ、専用マットやカーテンで車中泊を楽しむこともできます。


フィット


ホンダ フィット ファミリーカー


コンパクトなサイズ感でありながらゆとりのスペースを実現したホンダのフィットは、街中を走る際の取り回しに優れ運転が苦手なママでも不安なくドライブを楽しむことができます。


ランドクルーザープラド


トヨタ ランドクルーザープラド ファミリーカー


SUVの中でも比較的大きく3列目シートを備えたトヨタのランドクルーザープラドは、ファミリーカーの中でもちょっと違う味を出したいという家族にピッタリの一台です。


ファミリーカー選びのポイント【まとめ】


ファミリーカー選びのポイントについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ファミリーカー選びで最も大切なことは自分たちのこれからの状況にあった車を選ぶことです。


小さな子供がいる家庭にとってはスライドドアは便利な機能ですし、アウトドアが好きな家族にとっては車中泊ができる車や撥水シートを装備した車が大変人気です。自分たちがその車でどんなことをしたいのか、一度じっくり考えてみてその目的をしっかりと実現できる車を選ぶようにしましょう。


車を買い替える時にちょっとでも得をするために!

車の買い替え時に今まで乗っていた愛車はどうするのか正解でしょうか?ディーラや販売店で下取りしてもらうものだと思っていませんか?
ディーラーや販売店で下取りしてもらうと、「ちょっとボロボロですが、無料で引き取りますよ!」「10万キロ以上の過走行ですが、数千円で引き取ります」なんて言われてることもあります。ここで「ラッキー」と考えるのはちょっと待ってください。
実は、あなたの愛車は数万円の価値か、それ以上になる場合も多いです!
損をしないために、まずは、買取業者で無料査定をしてみることをオススメします。
車の買取業者としては「廃車本舗」の買取がオススメです。
大事な愛車を引き取ってもらうわけですから、信頼できる業者がいいですよね。
廃車本舗の買取は以下の3つの点で信頼できると考えています。
  • 還付金が戻ってくる
  • 海外事業も行っているため、中間マージン削減
  • 車引き取り手数料無料
画像の説明文
名前に廃車とついていますが、中古車買取としての一面ももっているので必ず「スクラップ」になるわけではありません。
ディーラーでは0円になる車でも、買取業者の査定ではプラスになることがほとんどなので、30秒の手間を惜しまず無料査定をしてみましょう!
page top