BabyOnBoard│赤ちゃん連れのための車情報サイト

赤ちゃんの車デビュー!安全にドライブを楽しむための【まとめ】

赤ちゃんの車デビュー!安全にドライブを楽しむための【まとめ】

赤ちゃんの車デビュー!安全にドライブを楽しむための【まとめ】



赤ちゃんが産まれた、また赤ちゃんがもうすぐ生まれて3人家族になるという家庭にとって、赤ちゃんの車デビューって大切なポイントですよね。

特に小さな赤ちゃんは体のつくりもまだしっかりしないため不安なこともたくさんあります。そんな 不安を消して安全に車デビューを飾るために大切なポイントやオススメの赤ちゃん用品や車をご紹介します。

赤ちゃんはいつから車に乗せられるの?


これから赤ちゃんが産まれてくるという家族や車デビューを一にしようか考えているファミリーにとって、赤ちゃんをいつから車に乗せていいのかは気になるところですよね。特に赤ちゃんは揺れに敏感で揺さぶられっこ症候群などの怖さもあるのでなおさらです。

具体的にいつから車に乗せていいのかというと、病院を退院する日は除くと大体多いのは生後1か月を過ぎてからお宮参りの時にデビューする家庭が多いです。

その際にもできる限りロングドライブは避けて短時間のドライブから始めると赤ちゃんにとっても負担が少なく家族そろってドライブを楽しむことができます。

ママに人気のチャイルドシート


赤ちゃんのドライブの際に一番重要なのがチャイルドシートです。最近はたくさんのメーカーが様々な機能の付いたチャイルドシートを販売しているためどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そんな数あるチャイルドシートの中でも先輩ママに選ばれているチャイルドシートをご紹介します。
フラディアグロウ(アップリカ)


チャイルドシートやベビーカーで有名なアップリカが販売し、人気を集めているのがフラディアグロウです。

フラディアグロウの特徴は何といってもシートをフラットにできるところです。まだ首の座らない新生児でも寝転がった状態でチャイルドシートに乗せることができますし、少し大きくなっても眠った時に無理のない体制でチャイルドシートに乗せることができます。

また、車の外からチャイルドシートに乗せる際にも横向きで座席が固定されるためチャイルドシートに赤ちゃんを乗せ降ろししやすいのもママにとってうれしいポイントです。さらにサンシェードも付いているため前方や後方・窓際からの直射日光も防ぐことができて赤ちゃんにとっても快適です。
クルリラ(アップリカ)


フラディアグロウと並んで人気を集めているのが同じアップリカのクルリラです。ベッド型にはなりませんが赤ちゃんにとって無理のない姿勢で乗せることができ、フットステップもあるため足の置き場に困ることもありません。

またISOFIXに対応しているものだと簡単に車に装着することができるため、シートベルト固定タイプだとちゃんとついているか不安という人でも安心してとりつけることができます。
クルット4(エールベベ)


50年以上にわたって赤ちゃんの車用品を研究してきたエールベベが販売するクルット4。

360°回転することができるだけでなくクルットノブを持って回すだけで簡単に行うことができます。また、サンシェードが大きなことも嬉しいポイントです。

小さなサンシェードの場合夕日や朝日などといった低い角度の日差しは防ぐことが難しいですが、クルット4のサンシェードは足元までしっかりガードしてくれるため角度の低い日差しでもしっかりと防ぐことができます。

3人家族に人気のファミリーカー


今まで二人で使う分には何の問題もなかった車でも、赤ちゃんが増えて3人家族となると使い勝手も変わってきます。

特に小さな赤ちゃんはチャイルドシートやベビーカーを積み込むことになるので荷物も多くなります。そんな時でも使い勝手がいい3人家族に選ばれている人気のファミリーカーをご紹介します。
フリード(ホンダ)

ホンダ フリード 3人家族

出典: http://www.honda.co.jp


一般的なミニバンほど大きくなくコンパクトカーよりも大きな、日常生活にちょうどいいホンダのフリード。一人目の子供が生まれて3人家族になるというファミリーにはちょうどいいサイズの一台です。

6人乗り・7人乗りが選べるフリードと5人乗りで荷室の広いフリード+があり、家族が増えても使い勝手が良いのもポイントです。ホンダセンシングを搭載すれば安全に対する備えもでき、旅行や帰省の際の高速走行時にはドライバーをサポートしてくれる機能があるためロングドライブも快適です。
ヴォクシー(トヨタ)

トヨタ ヴォクシー 3人家族

出典: https://toyota.jp/


3人家族に7人乗りや8人乗りのミニバンはちょっと大きすぎると思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。むしろ大きいほうが赤ちゃんのいる家庭にとっては使い勝手がいいものです。

トヨタのヴォクシーはミニバンの中でも広さがあり人気の一台です。後席の空間も広くチャイルドシートを乗せても圧迫感がなくゆったりと車内でくつろぐことができます。

また、車内が広いため旅行や帰省の際にも窮屈な思いをすることがなく、ロングドライブ時には高速のサービスエリアに停めて車内で赤ちゃんのおむつ替えや離乳食なども食べさせることができます。
セレナ(日産)

日産 セレナ 3人家族

出典: http://www.nissan.co.jp/


先進の安全性能や車内の機能が豊富な日産のミニバン セレナ。

セレナ独自のスマートマルチセンターシートは1列目に収めることで2列目の真ん中を通路にすることができますし、3世代など大人数で乗るときは2列目に配置することで8人乗りの車に変身します。

また、新型はバックドアが上部だけ開閉することもでき後ろが狭い駐車場などでも簡単に荷物を取り出すことができるなどママにとっても嬉しいポイントが盛りだくさんです。

車を買い替える時にちょっとでも得をするために!

車の買い替え時に今まで乗っていた愛車はどうするのか正解でしょうか?ディーラや販売店で下取りしてもらうものだと思っていませんか?
ディーラーや販売店で下取りしてもらうと、「ちょっとボロボロですが、無料で引き取りますよ!」「10万キロ以上の過走行ですが、数千円で引き取ります」なんて言われてることもあります。ここで「ラッキー」と考えるのはちょっと待ってください。
実は、あなたの愛車は数万円の価値か、それ以上になる場合も多いです!
損をしないために、まずは、買取業者で無料査定をしてみることをオススメします。
車の買取業者としては「廃車本舗」の買取がオススメです。
大事な愛車を引き取ってもらうわけですから、信頼できる業者がいいですよね。
廃車本舗の買取は以下の3つの点で信頼できると考えています。
  • 還付金が戻ってくる
  • 海外事業も行っているため、中間マージン削減
  • 車引き取り手数料無料
画像の説明文
名前に廃車とついていますが、中古車買取としての一面ももっているので必ず「スクラップ」になるわけではありません。
ディーラーでは0円になる車でも、買取業者の査定ではプラスになることがほとんどなので、30秒の手間を惜しまず無料査定をしてみましょう!
page top